避妊に失敗した性交後であっても避妊が可能になる魔法のような薬、それがアフターピルです。アフターピルは性交後72時間以内に服用することで妊娠を防ぐことが可能となっています。では、アフターピルを使用する前に必ず基礎知識を身に付けておきましょう

 
並んでいるサプリ

ピルという言葉は、妊娠しないための飲むものだという認識はありますが、アフターピルを知らないという人も多くいます。
アフターピルとはなんなのか疑問に思っている女性アフターピルは緊急避妊薬としての位置づけで、避妊の失敗や望まない性行為によって妊娠してしまう可能性があるときにそのリスクを減らすための薬です。
薬の種類によって多少の違いはありますが、性交渉から72時間以内に服用しなければ効果は激減してしまいます。
性交渉からアフターピルを服用するまでの時間が短いほど効果が高いと言われており、12時間以内ならば約99.5%、24時間以内で98.5%、72時間以内で94%と、時間が経つにつれ妊娠する確率は上がって行きます。
この数値を見ればわかるように、確実に避妊をする薬ではなく、妊娠する確率を下げるための薬です。
そのため、性交渉のたびに使用するのはやめましょう。
モーニングアフターピルの成分は女性ホルモンが配合されているため、基本的には避妊用に使われたり、PMSや生理痛の軽減などに処方されることもある低用量ピルと違いはありません。
しかし、低用量ピルと違い、アフターピルは中用量のものとなります。
そのため、吐き気や嘔吐、頭痛などの副作用が低用量ピルよりも出やすく、服用後に生理不順を起こすこともあると言われています。
女性ホルモンの量を急激に変化させて受精卵の着床を防ぎ、強制的に受精卵のベッドとなる子宮内膜を剥がすため、身体への負担が大きくなるためです。
モーニングアフターピルの認知度は低いため、全ての産婦人科などに置いてあるわけではありません。
処方を希望する場合には、事前に連絡し、処方してもらえるかどうかの確認を行った方が良いでしょう。
また、健康保険適用外のため、診療費と薬代で1万円程度かかります。

アフターピルの副作用と対処法

アフターピルを服用後に強い吐き気や頭痛に襲われることもあります。
大体は24時間以内に消滅するのでそれほど気にすることもありませんがどうしてもて耐えられない場合はどのように対処すればいいのでしょうか。
まず鎮痛剤などは自己判断で服用しないほうがいいでしょう。
大体の場合は飲み合わせなどに影響はありませんが素人判断は禁物です。
ほんの小さな可能性でも併用によって問題が出ることもあります。
ですのでまずアフターピルを処方してもらった病院に相談してください。
そうすれば副作用を止めるための薬を処方してもらえます。
これはアフターピルとの相性のいいものですので安心して飲んでください。
それではアフターピルを産婦人科ではなく自分で通販で購入した場合にはどうすればいいのでしょうか。
自分で購入した場合は医師に相談できないと思う方もいるかもしれませんがそうではありません。
それよりも我慢するほうが問題ですのでやはり医師に相談してください。
この時に大事なのは自分の飲んだアフターピルのパッケージを持って行くことです。
これを見せればどのような薬を出せばいいのかきちんと医師が判断してくれます。
24時間なので我慢すればいいという考えをする方もいるかもしれませんが、重篤な副作用が出る可能性もありますので耐え難い場合はやはり医師に相談してください。
あとアフターピルを飲んでから30分以内に吐いてしまった場合はアフターピルの効果が得られなくなるかもしれません。
その場合もやはり追加でアフターピルを飲むのではなく医師に相談したほうがいいでしょう。
大体30分以降に吐いた場合にはもう薬の効果は出ているので心配ありません。
とにかく素人判断は禁物です。

緊急の時に役立つ「アイピル」とは

アイピルというのは緊急避妊ピル、アフターピルといった名称でも呼ばれています。
緊急避妊薬のモーニングアフターピルになります。
妊娠は通常だったら嬉しいことではありますが、その時の状況により、望まない妊娠のケースも出てきます。
性行為で避妊に失敗をしてしまった時、緊急用として妊娠を避けることのできるお薬になります。
日本でも認可されている成分がアイピルには使われていて、それはレボノルゲストレルです。
黄体ホルモン薬の、プロゲステロン薬の種類の医薬品となります。
海外における臨床試験においてレボノルゲストレルは、性交渉の72時間以内に1.5mgを服用することによって、妊娠阻止率は80%以上であった報告があります。
日本においても、同じように80%以上の妊娠阻止率があります。
女性ホルモンと妊娠というのは、とても深い関係性があります。
体内で女性ホルモンが多く分泌をされることで、妊娠の環境は整うことになります。
ホルモン投与を不妊治療で行うのは、こうした仕組みによるものでもあります。
妊娠のコントロールは、女性ホルモンの制御によってすることができます。
ホルモンが大量に分泌されるのは、排卵が起こる直前です。
LHサージを抑えられるので、プロゲステロン薬を投薬します。
こうして排卵時期は遅らせることができる仕組みです。
排卵を押さえることによってレボノルゲストレルは、受精を避けることになります。
受精卵の着床を阻害しますし、それにより妊娠を避けることができます。
アイピルの服用は72時間以内することで、有効成分が働きますので、妊娠を避けることが可能となります。
100%の完璧とは言えないものの、早いほどに高い確率で回避が期待できます。

記事一覧

記事はありません

お探しの記事は見つかりませんでした。

人気記事一覧
    最近の投稿
      アーカイブ